KOKO

キュレーショサイト無断転載禁止です

*

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング)人柱スーパーレビュー

      2019/04/05

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング7
SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング)買った。ちなみにわたしが使用しているカメラはα6400です。こちらのハウジングは中国製、6000,6300,6500用ですが、6400もいけるだろ6300のバージョンアップ版だしってことで購入しましたが、いろいろハプニングもありました。
本当は、アクアパッツア(日本産でめちゃかっこいい)のハウジングが本当はほしかったんですが、高すぎてこれにしました。
深センから、香港へと経由し注文してから1週間で届いた
まずお値段
・Dry dome portのハウジング$492.00 USD
・Macro port $100.00 USD
・アーム $69.99 USD
・送料 約10ドル
以上で$691.93 USDでした。日本円(この時1ドル111円くらい)に直して、約8万円

アクアパッツアのハウジング買ったらマクロポートと対応するINONのガラス製ドームポート買って約30万円くらいでしょうか。3分の1以下の値段で済むってスゴイ!
ただ安いのには理由もあるわけで、不具合が何点かあったので、そのレビューです。
α6000~6500のマクロはSEL30M35、ワイドはSEL1018、便利ズームレンズはSELP1650が選択肢です。マクロは90mm F2.8のフルサイズ用を使う手もありますが高すぎるのでパスです。
わたしは基本的にマクロ用SEL30M35、ワイド用SEL1018の2つのみ使うつもり。(もしかしたらSIGMA 16mm F1.4も使うかもだけど)
SELP1650とSEL1018のズームリングは標準装備。ポートはアクリル製。軽いのでこっちのほうが自分的には好み。
SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング4

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング3



(1)開封編

中国からの通販は壊れていることもあるということで開封は必ず動画を撮影しながら行うという掟(返品対応するときの証拠のため)があるとのことなので、動画を取りながら開封しました、
案の定、箱はボコボコでした(笑)
ブログにあげるつもりはなかったので、完全にパジャマです(汗)
SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング5

ファインダーカバーを取りましょう。マクロレンズのSEL30M35は、レンズ前のカバーも撮りましょう。寸法がギリギリです。
SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング8


(2)不具合編① 電源スイッチ

電源の安っぽい内部の取っ手がとれてしまい、ハメるもすぐ取れてしまう
どうやら採寸が微妙にあっておらずうまくハマらないし、カメラの電源スイッチにうまくフィットせず(※のちに、α6000とα6300とα6400のパーツ、α6500のパーツは違うと判明しました)
SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング9

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング10

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング11

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング12

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング13

※対処法
アロンアルファで内部スイッチの干渉部分を固めた(強引)
どうやらα6000とα6300の電源スイッチパーツが同一、α6500の電源スイッチパーツが別のようで、
α6400はα6300系統なので、α6500のパーツをくっつけていました。アロンアルファを剥がしたいと思います。プラスチック素材が溶けないといいなあ


(3)不具合編② モードダイヤル、コントロールダイヤルが回らない

微妙に採寸が合っておらずダイヤルが回らない
SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング14

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング15

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング16


※対処法
SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング17

スペアパーツでα6000用の大きなゴムパーツがあります。α6000は一回り小さいので、大きなパーツが必要ということでモードダイヤル、コントロールダイヤルの接触部分が大きなパーツが用意されています。こちらを使います。
私の場合は
モードダイヤルに、ギザギザのα6500・6300用のゴムパーツ
コントロールダイヤルにα6000のゴムパーツ(2つあるので気持ち小さいほう)
をつけました。

ちなみにデフォルトは
モードダイヤルにつるつるのα6500・6300用のゴムパーツ
コントロールダイヤルにはα6000のギザギザのα6500・6300用のゴムパーツがついていました。
これだと、うまくダイヤルに接触せずうまく回りませんでした。今回一番あせったところです。気持ちちょっとだけα6000のゴムパーツが大きくキツキツなので少し不安。ちなみにファインダーカバーをつけてもハウジングを閉めること自体はできるので、不安は不安だけど余裕があるっちゃあるのでたぶん大丈夫かな、でも心配(笑)

α6000を入れるときの参考動画が公式であるので、モードダイヤル、コントロールダイヤルのゴムペーツ交換はこちらを参考に(1分20秒くらいから)

How to insert Sony A6000 camera inside SeaFrogs A6xxx series Salted Line waterproof housing


(4)総括

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング6

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング2

SeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housing(防水カメラハウジング1

無事、使えるようになったハウジング。まだ水に沈めてないのでそのうち沈める予定。
来週は宮古島で海に漬けてきます。
総括すると、ハウジング自体はけっこうかっこよく、トラブルはありましたが、これで700ドルならまあまあいいかなと。
【長所】
・ドーム付き、アーム付き、マクロポート込み、送料入れて700ドル、安い
・発送が速く送料も10ドルで安かった
・白色がかっこいい
・水の侵入すると鳴るアラームがある(知らないときに触るとビックリします)
・Oリングのスペアがついている
・別購入で真空バルブもある(買ってないけど)

【短所】
・日本語の説明書がない
・ポート交換の際にストッパーを止めるネジで、ドライバーが必要。ドライバーを持ち歩く必要がある
・やや作りが甘いのでそこが不安
・ダイビングでまだ試してないので不安
・今回のトラブル対処が今後悪い方向に影響しないか不安
・カエルのマークがもっとカッコよかったらいいのに

ということで不安というやや精神的な問題が不安材料です。
私のカメラα6400はα6300と一緒だとおもっていたのですが、もしかしたら少しだけ違って、こういった問題があるのかな?とも思いました。
アロンアロファでくっつけた電源スイッチ干渉部分は、α6000用パーツを取り付けていたらうまくいっていた可能性もあります。アロンアルファでくっつけてしまったのでもう遅しですが…。

モードダイヤル、コントロールダイヤル2つともまわらなかったときは本当に焦りました。うまく対処できてよかった。
ちなみにはじめコントロールホイールも動かなかったんですが、内部をしっかり調整したらしっかり干渉して動くようになりました。
というわけでいろいろ不安材料があるSeaFrogs Sony A6xxx series Salted Line housingです。
もともとダイビングは自己責任だし、海外通販も自己責任なのでトラブルに自己対処できる人だけよかったら参考にして買ってくださいね。これでちゃんと水中写真が撮れたら最高のコスパだと思ういますがいいダイビングができるといいですなあ。




 - カメラ, スキューバダイビング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

奄美大島ダイビング②

あいにくの雨でした。 今回はボートで定番コースを紹介してもらいました。ダイブショ …

セブ・ヒルトゥガン島ダイビング Cebu,Hilutungan-island diving by Sony RX100m5

セブ・ヒルトゥガン島ダイビング Cebu,Hilutungan-island d …

セブオランゴ島ダイビングCebu Olango-island diving SonyRX100m5

セブオランゴ島ダイビングCebu Olango-island diving So …

セブダイビング2日目 by SONY RX100m5

2日目です。天気があいにく雨だったので今回は2日間ともあまり透明度がよくなかった …

宮古島ダイビング ミニ通り池

宮古島ダイビング ミニ通り池です。以前のマリンレイクに続いて浮上ポイントです。 …

α6400
SONY α6400

超人気Youtuber「α6400買いました~。」 「いやオメー企業案件だろ!! …

セブ島ダイビング

Table of Contents Plus をつかった記事を書いてみた。この記 …

宮古島八重干瀬ダイビングカメハウス

宮古島八重干瀬ダイビングカメハウス ダイビングポイントのカメハウスというのはガイ …

北海道・積丹ダイビング

快晴! 地形がいいし、透明度もまあまあある。 くらげが幻想的だね。

宮古島ダイビング 中の島ホール

宮古島ダイビング 中の島ホール 宮古島ラストダイブ、ムーミンに似た影が見えるのが …